ジムスティックエクササイズ|下半身のトレーニング

ジムスティックエクササイズ|下半身のトレーニング

ジムスティックは、フィンランド初のホームフィットネスツールです。
見た目はスティックの両端にチューブがついているだけのシンプルなデザインですが、
多機能に働くため、幅広いシチュエーションで様々な目的のために使用することができます。
まず、重さが400〜500gと軽量のため、力のない女性や高齢の方でも無理なく使うことができます。

 

そして、チューブの負担のバリエーションは5つあるので、
自分の体力やトレーニング方法によって選ぶことができ、
目的に合わせた体作りをすることができます。
同じように負荷をかけるエクササイズツールにはダンベルがありますが、
ジムスティックはダンベルよりも安全に使うことができます。

 

ジムスティックの作りはシンプルですが、使い方のバリエーションは豊富で、
部分的な筋力アップから全身のトレーニングまで幅広く使うことができます。
年齢と共に下半身の筋力は衰えやすくなりますが、ジムスティックは下半身のトレーニングにも最適です。
スクワットは下半身を鍛える運動としてよく知られていますが、
ジムスティックを使用するとさらに効果が高まります。

 

両足にループをかけ、エクササイズチューブを巻いたスティックを肩の後ろにのせて、
膝を曲げる、伸ばすという運動を繰り返します。
膝を伸ばした時に、腕も伸ばしてスティックを頭の上に掲げ、ねじる運動を加えれば、
わき腹の筋肉にも働きかけることができます。
もう少し負荷がかかるようなエクササイズをしたい場
合は、
片足を前に大きく出して膝が床に着かないように腰を落とします。
そして、背筋を伸ばしたままねじり運動をします。

 

ヒップアップをしたい時は、両足にループをかけ、
エクササイズチューブをスティックに巻いて四つん這いになり、スティックは体の前に置いて支えます。
その状態で片足を後ろに伸ばすと、ヒップの筋肉を引き締める効果があります。
エクササイズチューブを巻く回数を増やすとさらに負荷がかかるので、
しっかりとトレーニングをしたい人は、自分の体力に合わせて調整すると良いでしょう。