高齢者にオススメ!転倒予防にもなる「ジムスティックエクササイズ」の効果

高齢者にオススメ!転倒予防にもなる「ジムスティックエクササイズ」の効果

年をとると、若い人に比べて頻繁に転びやすくなります。
その理由としては、下半身の筋肉が衰えて、体重を支えることが出来なくなることと、バランス感覚が衰えるからです。
加齢は誰の身にも起こることと受け入れてしまえば、万が一転倒してそのまま寝たきりになったとき後悔することになります。
筋力やバランス感覚は、日頃のトレーニングで鍛えることができるからです。
そこで高齢者の転倒予防として最適なエクササイズはフィンランドで生まれ、現在ではヨーロッパを始めとした世界30カ国に広まっているジムスティックです。
どういうものかというと、バーに二本のチューブが付いており、バーを背負ったり引き上げながら、チューブを足にかけて引っ張るというもので、上半身、下半身、中間部というように鍛えたい部分を集中的にトレーニングする事ができます。
場所も取らないので、自宅でもオフィスでも簡単にトレーニングが可能です。
いろいろなエクササイズがあるけれども、本当にジムスティックが高齢者の転倒防止になるのか、という点では、フィンランドの大学にてジムスティックの効果を調べた実験が効果があると、証明してくれます。
ジムスティックを週2回、2ヶ月間試した結果、運動機能が改善されて、転倒が起こらなくなったという結果が出たのです。
つまり、筋肉を鍛えてしっかりとした安定感を持たせることが出来たので、転倒予防に効果が出たということです。
高齢者は病気や怪我をしてから何かする事が多いですが、ジムスティックで事前に対策を講じていれば、そもそも病院にかかるような事態にはならなりません。
これからの高齢者社会にとって、まさに予防することは本人だけでなく周りの家族にとっても重要な課題です。

 

つまり、高齢者がいる各家庭で、ジムスティックを使い、筋力やバランス感覚、心肺機能を向上できるようになれば、今社会で、起きている深刻な介護の悩みなど無縁でいられます。
それに、体を動かせば、ストレス解消にも繋がりますから、これは試して見る価値はあります。